NO HOTEI, NO LIFE

2年ぶりの布袋ライヴは、最高としか言えないものだった。
寒い中、開場を待った甲斐があり、
自分としては一番良い場所を確保できた。

オールバックとスーツ姿で登場した布袋さん。
のっけから"Born to be wild"で飛ばす。

前半は新譜の曲でノリまくっていたけど、
後半からはアルバム以外の曲を中心に演奏。

その中の、ある2曲によって泣かされてしまった。

"BORN TO BE FREE""DAY BY DAY"


誰にも負けない心
信じ続けていれば
恐いものなどないさ
我が道をゆけ 迷わず何処までも

~BORN TO BE FREE



自分の今の状況、これからの展望、
とにかく自分を信じてやっていくしかない中で、
決して迷いは無いけど、やはり不安はつきもの。

なぜ布袋さんが今回この選曲をしたのかは解らないが、
何かこう、背中をポンと押してもらえたような、
布袋さんに応援してもらえたような感覚に陥り、
不思議と涙が溢れ出し、抑えきれなかった。


涙を恐れず 傷つけあうのも
お互い本気だからだろう?
見つめ合えばいい 抱きしめ合えばいい
信じ合えればそれでいい

答えはいらない このせつなさに賭けよう
どこまでもずっと

~DAY BY DAY



こんなに畳みかけられるとは思わなかった。

この曲はライヴで演るのはかなり珍しい曲で、
ちょうど彼女もこの曲は良いと言っていたしで、
ドンと心を射抜かれた感じ。

やはり自分にとって音楽、そして布袋さんの存在は絶大。
今まで何度となく救われたし、支えられた。
それだけに、ライヴ参戦は欠かせないものなんだ、
と改めて実感した。






ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
[PR]
by ziggy74 | 2010-02-08 20:45 | 日常
<< DHC 薬用Qトライアルキット Coldest Morning >>
累計: 

検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   

アクセスアップ