気象病

気象病:北海道で短時間に気温急上昇か 気象協会が注意

----------------------------------------------------------------------------------------------

日本気象協会北海道支社は20日、21日午前から午後にかけての短時間に気温が急上昇し、体調不良や気分が落ち着かないなどの「気象病」が起こる可能性があるとして、「車の運転や、夫婦げんかに注意を」と呼びかける異例の気象情報を出した。

同支社によると、21日は低気圧が北海道の北を通り、前線が北海道上空を通過するため、午前中は全道的に雨が降る。しかし、午後は渡島・桧山地方を除いて晴れ渡り、フェーン現象が起こる見通しという。各地の予想最高気温は▽札幌、岩見沢18度▽帯広19度▽旭川、北見17度--などで、平年より4、5度高い。

気象病は、気象の変化によって発病する現象を差し、「雨の日には神経痛がひどくなる」といった症状などが含まれる。同支社気象情報課は「急に環境が変化すると、人は体がついていけなくなる。フェーン現象の時、敏感な人はいらいらしがちになる」と説明している。21日夜には気温が下がるという。

--------------------------------------------------------------------------------------

雨や雪の日は憂鬱になったり、
暑いとイライラしたりはするけど、それが病気だとは思わなかった。
寒さの厳しい冬になると、古傷が痛むなんてことはよく聞く。
気象病なんて初めて知った。

急激な環境の変化に体がついていけず、
敏感な人はイライラしがちになるようだが、
ついていけないのは、ある意味鈍いという事では?(笑)
なんて思いながらも、今回初めてこの症状を知ったが、
身に覚えがあるので気をつけねば。



クリックよろしく♪







[PR]
by ziggy74 | 2007-04-20 23:51 | 時事
<< UFC 70 BOØWY芸人 >>
累計: 

検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   

アクセスアップ