ジェイソン・ボーン

この間、WOWOWでマット・デイモン主演のボーン・シリーズの
一挙放送をやっていたので、録画しておいた。

公開当時から、見よう見ようと思いながらも、
なぜか今の今まで観ず終いで、今回いい機会だったので
【ボーン・アイデンティティー】
【ボーン・スプレマシー】
【ボーン・アルティメイタム】
の3部作を連続で観た。
思ったよりも面白くて、とにかく圧巻だった。

記憶を失くしたCIA諜報員ジェイソン・ボーンが、
まさに「アイデンティティー」を探し求めるサスペンス・アクション映画。
3作を立て続けに観たから気づいたのか、
3作を通じてずっと同じテンションが保たれていたのが良かった。
ストーリーは繋がっているので、テンションキープは重要。
あまり緊張感が高すぎると、途中で疲れてしまうが、
丁度良いところでの緊張感が続くので、
目が離せなくてのめり込んでしまう。

見所はストーリーはもちろんだが、カーチェイスと戦闘シーンが凄い。
特に戦闘シーンはかなりリアリティーがあって、
いかにも打ち合わせしました的な組み手ではなく、
本当に戦っているような、実は当たってるのではと思ってしまうくらいリアル。
下手な格闘技の試合を見るよりも興奮した。

あと、敵が弱すぎないというのも良い。
格闘技でもそうだけど、ある程度実力が近い者同士でなければ、
見ていても面白くはない。
この映画に出てくる敵にザコはおらず、
いつ主人公がやられるかもしれないと思わせる強さ。
かなりレベルの高いアクション映画で、
これが面白くなかったら、何が面白いアクションなのかと。

ロバート・ラムダムの【暗殺者】という小説が原作だが、
途中からのストーリーなどは映画でのオリジナルということで、
一応3作目のボーン・アルティメイタムで完結だが、
もしかしたら、4作目もあったりして?
これは久々にハマった映画なので、何回でも観たい。




ボーン・アイデンティー





ボーン・スプレマシー





ボーン・アルティメイタム



エンディングで流れる、mobyの【Extream Ways】も気に入ってしまい、
速攻で探して購入してしまった(笑)





三軒茶屋


レンズ


[PR]
by ziggy74 | 2008-09-29 22:03 | 日常
<< ファミコン体操 消えるメール >>
累計: 

検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   

アクセスアップ